正しい姿勢とは
コンテンツ
デサントEC
shisei 国際姿勢協会 International Shisei Association
シセイストHOME > 正しい姿勢とは

正しい姿勢とは?

体のゆがみを改善していくには、まず『立つ』『座る』といった基本の姿勢を正すことから、
自分は姿勢よく暮らしていると思っても、意外に左右がアンバランスだったり猫背になっていることも。体がゆがまない、立ち方や座り方を意識して。

正しい立ち方

横から見たときに耳、肩、胸部の中央、股関節、ひざ、くるぶし、が一直線上にあるのが正しい立ち姿勢。背骨はS字がふたつ連なったようなカーブに。下腹に力を入れ、お尻を締めることがポイント。

正しい座り方

椅子に浅く座り、ひざを直角に曲げて足の裏をしっかり床につける。背筋をピンと伸ばし、あごを引いて、軽く胸を張る。骨盤を立てて座ると背筋が伸びやすい。そのコツは、下腹部を引き締めること。

こんな姿勢も注意!

・脚をひきずって歩かない
・壁やドアにもたれかからない
・前かがみの姿勢を続けない
・横を向いてテレビを見ない

普段の習慣やクセに注意して!

体がゆがむ一番の原因は、体の一部分に負担が偏るような姿勢を長く続けること。
まずは、日頃のクセを振り返ってみましょう。

トップページへ戻る